桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です
カテゴリ>>木魂日記

日本で最も美しい村の「大鹿歌舞伎」春の定期公演

大鹿村に230年以上前から伝わる、国選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎

5月3日好天に恵まれ、大磧(たいせき)神社境内で演じられた

この日の演目は、「神霊矢口渡 頓兵衛住屋の段」と、

(しんれいやぐちのわたし とんべえすみかのだん)

見えを切る見せ場では、おひねりが飛び、クライマックスに近づくと舞台上は雪景色

「一谷嫩軍記 熊谷陣屋の段」(いちのたにふたばぐんき くまがいじんやのだん)

昔の田舎、娯楽のない時代に、庶民が熱狂したであろうこの地芝居に、大感動

秋の定期公演が、今から待ち遠しい

(2009年05月06日 19:50 from 堅義理 )

コメント&トラックバック