桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です

7月24日土用丑の日 うなぎ「 北殿鰻処 」(南箕輪村)

夏のスタミナといえば、なんと言っても ” う な ぎ “

関東風、関西風、ひつまぶし・・・  でもやはり鰻は江戸鰻でしょう

一度蒸してからじゅっくり焼きあげ、うすい醤油味で戴く

軟らか過ぎても、焼き過ぎても、タレが甘過ぎても、生臭くても泥臭くても、いけない

きたとのまんどころ」は、浜松で修行した確かな腕をもっている

一口目の風味がよそとは違う、理屈抜きで、胃が 「 うまい ! 」 と叫ぶ ☆ ☆ ☆

駐車場も広く、分かり易い場所にある

作り置きは一切しないため、なんと注文を受けてから活うなぎを割くのだ

食す時刻の40分ほど前に、電話でお願いしておいてから伺う

” うなぎ百選 ” 2008春号に掲載された、「第21回うなぎ川柳」の、選外ですが、

編集部が選んだ “うまいで賞” の中から、いくつか紹介します

値段より原産国が気にかかる

ひらがなの最初にうなぎのうを憶え

年金でならぶ鰻屋杖ふたつ

「故郷ふるさと」をうなぎ美味 ( おい) しと歌う孫

正論は吐くまいうなぎ食べながら

浜松へ嫁いで父に誉められる

うなぎは、味わいも深いが、取り巻く人間模様が実に面白い

2009.2月に、道路拡張工事にともない移転しました

以前の場所から南に500mほど、天竜川沿いで仙丈岳を遠望できる、よい環境です

(2008年07月24日 12:00 from 堅義理 )