桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です
カテゴリ>>木の話,木魂日記

宮大工がつくる木造建築のお墓 ” 五輪塔 ごりんとう “

宮大工櫻井三也がつくる、後世に伝える魂の原形 「木魂こだま」

この「木魂」の様式 『多宝塔』 『夢殿』 に加え、新たに 『 五 輪 塔 』 が登場です

「五輪塔」とは、上部から順に 空・風・火・水・ 土 を表します

正面中央に、「○○家」、「南無阿弥陀仏」、「南無妙法蓮華経」 などを彫り込みます

彫りこむ材料には、無垢材または、銅板を選択できます

また、側面を “墓誌” として同様に活用することもできます

背面に玄室(納骨室)用の扉があり、刳り抜いてある礎石内に納骨します

従来の墓石と違い、地震で倒壊する恐れはありません

宮大工が、日本伝統の技と、日本の大樹からつくる、

木の温かなぬくもりある、本物の価値ある木造建築です

大きさは、標準タイプで高さ1.85m、屋根幅1.4m、礎石0.85m 四角

( ごく普通の墓石ほどの大きさです )

使用木材は欅( けやき ) 、玄室内張りに桐材、屋根下地に檜材

屋根は銅板葺き、宝珠・風鐸・装飾金具付き

礎石は白御影石の一枚もの( 厚さ0.3m )

費用は280万円が目安ですが、その都度ご希望の仕様をお聞きして、お見積りします

随時受注しておりますが、納期は約50日ほどかかります

詳しくは、ホームページの 「お問合せ先」 までお願い致します

(2008年06月26日 16:06 from 堅義理 )

” 智水仁山 ” 黒川渓谷 (宮田村太田切川支流)

” 智水仁山 ” ( ちすいじんせん) とは、「論語」にある

「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。智者は動き、仁者は静かなり」

に由来します。

黒川渓谷入口、黒川平より、林道黒川線を歩き始める

( この写真は5月下旬に撮影 )

太田切川合流地点すぐ上のアマゴくん

徒歩にて山道を登ること2時間、7.5km、不動滝を過ぎ中流域へ

黒川渓谷はもうすっかり ” 夏模様 “

黒川の岩魚は色が黒く、腹の黄色い典型的な在来種

これから秋にかけて益々太ってくる

中央アルプス木曽駒ケ岳に源流を発する清流、黒川

この日、登山道をさらに上流へ、伊勢滝まで釣り上がるつもりが、

途中で流れに落ち込み、ずぶ濡れに、

とほほほほ ・・・ ふるえながら、とぼとぼ下ってくると、全部乾いていた

この続きはまた次回で

(2008年06月23日 21:27 from 堅義理 )

” 智水仁山 ” (ちすいじんせん) 太田切川渓谷

駒ヶ根橋下より、木曽駒ケ岳、宝剣岳を望む

駒ヶ根市と宮田村の境を流れる太田切川

中央アルプスに源流を発する支流、本谷川、北御所川、中御所川、黒川が合流する

太田切発電所を過ぎたあたり、中流域

体長23cmほどのイワナ

地元新聞、長野日報によると、6月8日に49cmのイワナを釣り上げた人がいる。

駒ヶ根市内に住む S さん(44)で、正午ごろ上流域でヒットしたらしい。重さ738g。

以前に一度だけ、50cm前後の岩魚を目撃したことがある。

悠々と泳ぐ神々しいその姿に感動して、見入ってしまったものだ。

万が一釣れたとしても、山の神さまに申し訳なくてリリースするでしょう。

あれからは、デジカメとメジャーを必ず携帯しています。

銀毛化してきているアマゴ

桜の頃、駒ケ池からの眺望

清潔でゆったりと広い、こまくさの湯

早朝からの渓流釣りの疲れを、ここでゆっくり癒してから、

すずらんソフト(コーヒーミックス)を食べて、無事に休日終了。

(2008年06月18日 18:15 from 堅義理 )

” 智水仁山 ” 与田切渓谷上流(上伊那郡飯島町)

” 智水仁山 ちすいじんせん ” とは、「論語」にある

「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。智者は動き、仁者は静かなり」

に由来します。

南駒ケ岳、百越(こすも)岳への登山道入り口にあるシオジ平自然園

シナノキ ( しなのき科 ) シナとは、アイヌ語で、” 結ぶ “という意味で、

桑と同じくこの木の樹皮は、和紙や縄に使われます。

ブナ林域に育成し、古来信州に多い樹木のため、

「信濃の国」の語源になったといわれる。

めったに見られない渓流のエメラルドブルーです

こんなにもきれいに澄んだ渓流に棲む岩魚です。

与田切川のイワナは、色がやや薄く、尾びれが大きいのが特徴です。

この日、この岩魚だけ色が濃かったですが。

廃屋になったままの横沢小屋

(2008年06月16日 10:46 from 堅義理 )

時路屋食堂(天龍峡)の夏 “冷やし中華”

「 あ~うめえ、夏はやっぱり時路屋の冷やし中華 ! 」

この具沢山に、甘酸っぱいつゆが、もーたまらん。

満足・納得の700円、ごちそうさま。 ☆ ☆ ☆

(2008年06月15日 17:43 from 堅義理 )