桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です
カテゴリ>>南信州の自然,

矢野愛宕神社のエドヒガン桜 (阿南町新野)

特に昨年は、至る所大型カメラと三脚を持った中高年の写真愛好家の姿が目立ちました。

頭の芯をくらくらさせるような、桜の魅惑に執り憑かれ、撮影したい気持ちはみな同じですが、

残念なことに、マナー違反のアマチュアカメラマンに何回か出くわしました。

傍若無人にも、一本桜の樹下まで、車を乗り付け(桜と一緒に自家用車も撮りたいのでしょうか)、

他の人にはお構いなしです。  桜も泣いています。

そんな中で、遠慮がちに撮影したいくつかの、昨年の銘櫻をご紹介します。

なお、この写真撮影には、三脚は使用していません。

新野矢野愛宕神社の桜

隠れ里の名桜古木。素朴だが、実に優美な味わいがある。

瑞光禅院の桜

阿南町新野 瑞光禅院の桜

また今年も、何処へでもご案します。ガイドのご指名をお待ちしております。

(2009年02月26日 12:00 from 堅義理 )

智水仁山 「春を待つ中・南アルプスの岩魚」

中川村陣馬形山頂から眺望する、中央アルプスの冬景色

今年の冬は、例年にくらべ雪が少ないです

仙丈ケ岳も珍しい冬模様

手前の伊那山脈には全く積雪がありません

場所をかえて、大鹿村夕立神パノラマからの中央アルプス

南アルプス小河内岳です

左に荒川岳、右に赤石岳

この様子だと渓流の水量は少ないですが、

源流の天然岩魚くんたちは、下顎をながーくして、小生を待っていることでしょう

「 もうすぐ、逢いに行くよぅぅぅ 」

(2009年02月21日 17:24 from 堅義理 )

懐かしいオムライスの味「キッチンニューアライ」飯田市扇町

本年開店三十周年をむかえた、キッチンニューアライの ” ザ・オムライス “

昔懐かしいこの味に、いつも涙がこみあげてきてしまいます

時々、小生は上のケチャップなしでお願いする

松本夫妻が二人でやっているお店

奥さんは、大のジェームスディーン好きで、レトロな写真がどーんと壁を占めています

全品、旨いコーヒー付きでこの値段です

隠れメニューに、まぼろしのスパゲティーもあるよ

大きくやわらかい紙ナプキン (広げると28㎝四角) も気に入っている

先代は浜松市新居から飯田に移り、鶏肉店を営み、

昭和22年の飯田の大火では、火元が近かったため大変なご苦労をされたそうです

現在は、もうこの看板はありません

営業時間は、平日12時~13時の1時間のみ

市役所や合同庁舎への出前が多いのです

実は、小生にとって誰にも知られたくない、貴重なキッチンなので、
紹介することを、ずいぶんためらいました
「どうかお願いですから、ずぅっと続けていてくださいね!!!」

(2009年02月06日 10:07 from 堅義理 )