桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です

梅雨の中をようこそ、杜の主 「キトド」 です。

日本で最も美しい 大鹿村 の山中にある、桂の湿地

桂=木(キ)+土(ト)+土(ド) で、小生はキトドの杜(もり)と名付けています

今回、キトドの横顔を見つけました  ぅあーっはっはぁ~

(2012年07月10日 07:13 from 堅義理 )
カテゴリ>>南信州の自然

「日本で最も美しい村」 大鹿村の春

大鹿歌舞伎 2011春の定期公演より

「傾城阿波鳴門 どんどろ大師の段」 お鶴(松浦まど香さん)の祈り

「六千両後日之文章 重忠館の段」 六代御前(塩澤杏奈さん)の祈り

無事に上演が終わり、竹本登太夫が御礼の口上

こちらは、「信濃宮春の例大祭」

「大池」の遊歩道は、自然倒木を乗り越えてお邪魔します

鳥倉林道の車止め場所から、小河内岳を眺望

「キトド(桂)の森」では、『わっはっはー わっはっはー わっはっはー』 と

桂の大木に触れながら、大きく邪気を吐き出し、木魂の生気を体深く取り込みます

いつも、大鹿村の至る所で、生き物の生気を甦らせる不思議な力を感じます

(2011年05月06日 17:28 from 堅義理 )