桜守ガイド堅義理くんの趣味の日記。日本伝統の木造建築の情報も掲載していきます。

南信州の自然と風土をこよなく愛する管理人の情報発信日記です
カテゴリ>>南信州の自然,

桜はまだかいな~ 「桜のみち2010」③

下條村 「鎮西家のさくら」

阿南町 「仲谷の春告げ桜」

県境を越え、愛知県豊根村 「無量堂の桜」

豊根村 浅草地区

豊根村 みどり湖

設楽町津具 「金龍寺の枝垂れ桜」

(2011年03月22日 15:33 from 堅義理 )
カテゴリ>>南信州の自然,

今年印象に残った桜 (その3)

八王子神社のエドヒガン

阿智村智里、阿知川左岸の高台、昼神温泉郷を見下ろす境内にある

二本が寄り添い、まるで気心の知れ合った夫婦の風情がある

推定樹齢約350年 樹高20m以上 背が高く濃いさくら色

鎮西(ちんぜい)家のエドヒガン

下條村陽犀(ひさわ) 鎮西家は源為朝の流れをくむ家柄と伝えられ、

当主、清浜が官位を授かりに京へのぼった折、苗三本を持ち帰り植えた

推定樹齢約300年で、通称 「清浜桜」 という

「林叟(りんそう)禅院のエドヒガン」 松川町元大島

小生は、勝手に 「墓地の孤高桜」 と呼んでいるが、

すらりと立ち上がった姿、形が実に印象的である

(2009年05月31日 22:00 from 堅義理 )